はじめに

日本人で印鑑を持っていない方というのはまずいないのでは無いでしょうか。
卒業祝いなどで印鑑を頂いた経験がある人も少なからずいらっしゃる事でしょう。
外国だとサインのみする事が多いです。日本ではサインをする習慣はあるものの重要な書類には大抵印鑑をプラスして使用しています。

 

印鑑には様々な場面で使われる為、場面に応じた適した印鑑のタイプがあります。
修正箇所に使用される訂正印、銀行の書類に使用される銀行印、認印、特に重要な書類に使われる印鑑は実印と呼ばれています。
公的機関に正式に書類を提出し、実印登録をして使用します。
この実印は一人に一つのもので、大変重要な役割を担っています。
その為、何度も買い替えたりするイメージを持っている人は少ないです。
品質の良いものを長い間大切に使用されるといった方が多いのではないでしょうか。

 

ただ実印登録は安い印鑑でも可能です。その辺りにある100均の印鑑でも構わないのです。
しかし重要な場面で使用される印鑑であるため、他人が持っている印鑑と違いの分からない内容のものがあるかもしれないといった大量生産の印鑑は避けた方が良いです。
万が一不正に利用されてしまっては大変です。

 

大量生産のものでスタンプタイプの印鑑があります。シャチハタが有名ですが正式名称はネーム印と言います。
こちらは印鑑登録自体が不可能になっています。
印鑑登録したものが他人と全く一緒の印鑑になってしまう可能性が高い為、防犯上の理由から許可されていません。
ネーム印は主に荷物の受け取りや公的関係以外の認印、たとえば学校関係の簡単な書類であったり、名前の記載が面倒な時の代わりなどに楽に押せる印鑑として利用されます。

 

実印としての印鑑は簡単に真似が出来ないような独自の印影を持った品物が適切です。
大きさは大体13.5mm以上のものがよく使用されます。

 

実店舗に限らずインターネット通販などでも様々な印鑑が販売されています。
印鑑には多種多様の大きさがあり、印影があり、形があります。
ご自分の好みにあった、一生使っても後悔しないような素敵な印鑑が見つかるといいですね。